Information                    
6番線 大阪第一車両庫 撮影日別写真館 1983年を更新
4番線 鳥飼西基地 摂津工場を更新
4番線 鳥飼西基地 車両案内を更新
FC2ブログでの活動は、無期限休止中です。 新館へは、ホームページカテゴリーからご乗車ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
●ホームページの構成変更に伴い、BLOG記事内のページリンクが切れている場合があります。お手数ですが、各ページへはサイトマップをご参照ください。
2010年1月3日以降の記事に関しては問題ありません。
●更新を停止しておりますので、現在コメントの受付はしておりません。
●ある時期の記事には、ブログ村のランキング用バナーがありますが、すでに退会しておりランキングには参加しておりませんのでこれにてお知らせいたします。
●掲載写真の著作権は管理人にあります。無断転用・無断転載および他ブログ等への無断使用は堅くお断りいたします。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何年経っても・・・

2009年02月18日 20:20

今日は、鉄ネタではありません。
今朝、久しぶりに大きな揺れを感じた。

生まれてこの方、ずっと関西で暮らしてきた私の身体にはあの体験が焼きついているようだ。
今日の場合は、今までにはなかった、新たな恐怖心もあった。

今私が寝ている部屋には、Nゲージのレイアウトが、頭上120cmの高さにある。
スチールラック2台に橋渡しをし、レイアウトを作っています。

今朝は、そのレイアウトがわさわさ揺れた。
揺れに対する恐怖心に、模型が破損する心配と、落ちてくる心配が加わったわけです。

心の中で、「とまれ、とまれ・・・」と何度も叫んでいた。
一度とまっても、次に対して身構えてしまう。
幸い今朝は、体感した揺れは一度きり。

今のところ、レイアウトには全所有車両を展示してあるのですが、
今日のようなことがあると、ケースにしまっておこうか考えてしまう。
私にとっては、一財産を費やした物なので、今は自動車よりも大事な存在かもしれない。
若いころは、初めて買った新車が愛おしくて、車で寝泊りしようかと思ったぐらい大事だった。
今はそれに代わる存在が、模型になっていることに今日気付く。


あの当時、親類縁者、知人に大きな被害があったわけでもなかったわけですが、
揺れると当時の記憶が鮮明に蘇ってくる。


単にビビリとか、怖がりと言ってしまえばそれだけなのかもしれないが、
どうやらこれは、一生モノのようです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。