Information                    
6番線 大阪第一車両庫 撮影日別写真館 1983年を更新
4番線 鳥飼西基地 摂津工場を更新
4番線 鳥飼西基地 車両案内を更新
FC2ブログでの活動は、無期限休止中です。 新館へは、ホームページカテゴリーからご乗車ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
●ホームページの構成変更に伴い、BLOG記事内のページリンクが切れている場合があります。お手数ですが、各ページへはサイトマップをご参照ください。
2010年1月3日以降の記事に関しては問題ありません。
●更新を停止しておりますので、現在コメントの受付はしておりません。
●ある時期の記事には、ブログ村のランキング用バナーがありますが、すでに退会しておりランキングには参加しておりませんのでこれにてお知らせいたします。
●掲載写真の著作権は管理人にあります。無断転用・無断転載および他ブログ等への無断使用は堅くお断りいたします。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしの情景<2>

2010年06月01日 18:22

 今日もわずかな合間を利用して更新。

第2弾は、グロいお話とは無縁にした^^;
今回は、超地元ではなく街中へ繰り出してみる。

今日は大阪駅。
02_0007.jpg

前回の「しなの」号に続き、今回も小学生時の撮影で真っ暗けで申し訳ない。
ストロボなしで撮影した寝台特急「なは」号。
場所は大阪駅の旧9番線だ。

この写真で目に留まったのは、背後のビルが建設中であることだ。
このビル何かわかりますよね?

そう、阪急グランドビルです。
Wikiによると、1977年8月8日開業らしい。

昔は良く、意味もなく最上階へ上がって景色を眺めてたもんだ。
当時は、大阪で一番高いビルだったんじゃないかしら??

それこそ模型のように見える、大阪駅を発着する列車を眺めていたような・・・


そしてもうひとつ、そのグランドビルを隠すように存在している小屋のようなもの。
嘗て荷物列車なるものが存在した時代に主要駅で必ず見かけたこの小屋の正体は荷物用のエレベーターだ。

16_0013.jpg
 右側に見えるのが、赤いカートに積まれた郵便物。
 その後ろにエレベーターが見える。

 反対ホームにも荷物のカートが写っているし、
 その向こうには荷物列車がいる。

 昔の駅は、旅客用のホームの端を少し幅を狭くして
 ご覧のように荷物列車用のホームとして利用していた。

一応荷物列車も載せておこう。
22_0004.jpg
 このころ、荷物列車と言えばゴハチ。

 嘗てはブルトレの牽引も務めたが、
 すでに廃車が進んでおり、撮影(記録)に必死だった。

またまた駅周辺の話に戻すが、この写真ではクレーンが写っている。
24_0004.jpg
 この撮影は、1981年5月31日。
 急行「ちくま 4号」だ。

次にこの写真。
35_0006.jpg
 クレーンの位置が高くなってきた。

 撮影は、1981年11月1日。

さて、誰もがお分かりかと思うが、この建設物の正体は・・・
47_0028_convert_20100601173240.jpg
 1982年9月15日の撮影分の急行「ちくま」。

 その背後にあるのは、そうアクティ(大丸)です。

 当時は、背後の建物なんか気にも留めなかった。

 しかし、後にこんなことにもなるので
 駅撮りも捨てたもんじゃないかもしれない。

最近は、どこで撮影しても周りの情景を入れて撮りたい傾向にある。
列車どアップだと、後々その時代を感じ取る要素がなくなってしまうと思うので尚更だ。

結果論だが、「ちくま」とともにアクティの進捗が撮れていたわけやしね^^;

こういう鉄写真の楽しみ方もアリなんじゃなかろうか??^^

お時間よろしければ、本家へもお立ち寄りくださいませ。
banner2009f.gif                           Page Up
↓↓↓↓↓↓この後は、今日の1曲!↓↓↓↓↓↓


<Today's music #211>
Phil Collins & Philip Bailey  「Easy Lover
Chinese Wall
 試聴は、曲名をクリック
 (ジャケ写をクリックするとHMV商品案内ページへ)
 
 今日は、突然浮かんだこの楽曲。
 このころは、PVで遊ぶアーティストが多かったように思う。

※<Today's music>は、記事作成中に頭の中で鳴り響く曲を紹介しています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。