Information                    
6番線 大阪第一車両庫 撮影日別写真館 1983年を更新
4番線 鳥飼西基地 摂津工場を更新
4番線 鳥飼西基地 車両案内を更新
FC2ブログでの活動は、無期限休止中です。 新館へは、ホームページカテゴリーからご乗車ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
●ホームページの構成変更に伴い、BLOG記事内のページリンクが切れている場合があります。お手数ですが、各ページへはサイトマップをご参照ください。
2010年1月3日以降の記事に関しては問題ありません。
●更新を停止しておりますので、現在コメントの受付はしておりません。
●ある時期の記事には、ブログ村のランキング用バナーがありますが、すでに退会しておりランキングには参加しておりませんのでこれにてお知らせいたします。
●掲載写真の著作権は管理人にあります。無断転用・無断転載および他ブログ等への無断使用は堅くお断りいたします。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれて初めて撮った鉄道写真

2010年03月10日 19:46

 今日も、自虐ネタ。

自分の恥ずかしい過去を惜しみなく晒して何がしたいのか自分でもよくわからない。

おそらくは、誰も見たくはないだろう・・・

ただ言えることは、過去の写真をHP上で公開するという目的を持つことで、
自分にとっては過去を振り返る良い機会にはなっている。

そうでもなければ、こんな醜い写真の詳細など調べようとも思わない。

この時代の写真は、撮影日までの記録は取っていなかったため不明のままだが、
撮影場所と列車名・車両の形式は何とか記録がある。
これがあるので何年ごろの撮影だという事が判断できる。


この初めて撮った鉄道写真については、小学5年生の時に撮ったという事から
1976年の撮影という判断をしている。
見苦しい写真で申し訳ないが、初めて撮ったのがEF81の牽引する貨物だ。
01_0001.jpg

撮影場所は、今もほぼ景観が変わっていない千里丘~茨木間の蔵垣内踏切付近。

こんな曇天の日に、無謀にも走行中を狙いに行ったわけだ・・・

カメラはフォーカスもくそもないコダック社のポケットカメラ。
ボディはプラ製でおもちゃのようなカメラだった。
フィルムもカートリッジ式で小学生にも十分使える代物。

ただ、シャッターを押すだけ・・・

何が写っているか分からないほど遠くでシャッターを切っていたり、
はたまた逆にドアップで車両の一部だけがフレーム内に収まっていたりと、
今見ると笑うしかない写真ばかりだ。

今はデジカメで、撮ってすぐに結果を見れるのですぐに撮り直しにチャレンジ出来て上達も早いだろう。

当時は、フィルムを使い切るまで結果は見れず。
現像に出しても数日かかったように記憶している。

今じゃ想像もつかない話だろうが、この待っている時間も楽しみの一つだったような。

これらのポケットカメラ時代のフィルムは、半分ほどスキャンが完了した。
現状で判明した事といえば、トレインマークが適用されたのは電車特急が最初だった事。
大阪で言えば、「雷鳥」「白鳥」の昼行特急と「なは」「彗星」「明星」の電車寝台から始まった。
この時点では、ブルトレは文字のままだった。
ただ、ボンネット型の「雷鳥」にはトレインマークはまだなかった。
これが、1978年の事。

こんなこと、全く記憶になかったのでちょっと発見した気分だ。

この時代は、
赤字国鉄の合理化でブルトレのヘッドマーク(缶)運用も東京発九州行きの列車に限定されていた。
つまり、上野発や大阪発のブルトレにはヘッドマークがなかったのだ。

そんな時代に登場した色とりどりにデザインされたトレインマークの登場に、
当時は興奮したのを覚えている。

トレインマーク話の続きをすると、
電車の次にブルトレのトレインマークが登場。

急行としては珍しく、20系時代の「銀河」にも少し遅れて適用された。

その次にボンネット型への適用が始まり、最後に気動車と記憶しているが、
私は気動車へのトレインマーク運用前に鉄から離脱している。

なので復帰後に「はまかぜ」を見た時は”なにあれ?”状態で、
車両形式はもちろん列車名も分からなかった。

「はまかぜ」には、ぜひリバイバル塗装を願う・・・

千里丘でデビューした後は大阪駅デビューを果たし、
以後、小学生の内に米原や天王寺などへ遠征している。

小学生時代に、たびたび訪れていたのが宮原操車場。
自宅から自転車で行けたので、電車賃要らずで丁度よかったのだろう・・・
宮原でのお遊びは、また何れ紹介するとしよう。

歴史と自分の記録とをクロスオーバーさせる事が今は楽しいんだろうと思う。

お時間よろしければ、本家へもお立ち寄りくださいませ。
banner2009f.gif                           Page Up
↓↓↓↓↓↓この後は、今日の1曲!↓↓↓↓↓↓


<Today's music #185>
Stevie Wonder    「Isn`t She Lovely
Song Review: Greatest Hits Collection

 試聴は、曲名をクリック
 (ジャケ写をクリックするとHMV商品案内ページへ)

 
 今日は、ほんとに何となく浮かんだ曲。
 
 

 

※<Today's music>は、記事作成中に頭の中で鳴り響く曲を紹介しています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。