Information                    
6番線 大阪第一車両庫 撮影日別写真館 1983年を更新
4番線 鳥飼西基地 摂津工場を更新
4番線 鳥飼西基地 車両案内を更新
FC2ブログでの活動は、無期限休止中です。 新館へは、ホームページカテゴリーからご乗車ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
●ホームページの構成変更に伴い、BLOG記事内のページリンクが切れている場合があります。お手数ですが、各ページへはサイトマップをご参照ください。
2010年1月3日以降の記事に関しては問題ありません。
●更新を停止しておりますので、現在コメントの受付はしておりません。
●ある時期の記事には、ブログ村のランキング用バナーがありますが、すでに退会しておりランキングには参加しておりませんのでこれにてお知らせいたします。
●掲載写真の著作権は管理人にあります。無断転用・無断転載および他ブログ等への無断使用は堅くお断りいたします。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪~京都間の仁義なき戦い

2010年02月18日 12:43

 昔から、大阪と京都の間には国鉄(現JR)・阪急・京阪の3社による競争があった。
 (京阪については省きます)

目的は集客、つまり客の取り合いをしてきたわけだが、
その為にいろいろな策が講じられてきた。

JR福知山線脱線事故を最後に終焉を迎えたスピード(所要時間)競争。(そうあって欲しい。)
これに関しては、民鉄2社と比較して駅の数も少なく、他社の複線に対して同区間が複々線であるため
国鉄時代から唯一と言っていいJRの強みだったかもしれない。

これに対抗して阪急が取った策が、転換式クロスシートを備えた6300系の導入だ。
スピードでは敵わないので、居住性を重視したんだなぁ~と思った。

6300系が登場した1975年当時は、国鉄の大阪~京都間には153系が新快速として充てられていた。
所謂ブルーライナーだ。
153系の固定式クロスシートと、6300系のシートとでは居住性は勝負にならない。

そこで、国鉄が取った対抗策が1979年より製造が開始された117系「シティライナー」の導入だ。

時期は記憶にないが、まだ非冷房車が走っている時代に、
全国で最初に全車を冷房化したのが阪急だったように記憶している。
また、全線全駅に自動改札を導入したのも阪急が最初だったかも・・・

私の中の阪急のイメージは、いつも時代の先を行き、乗客のマナーもよく美しい鉄道だ。
経営統合時に、阪神の社長さんの言った「エレガントな阪急さん」・・・っちゅうのが良くわかる。

その象徴ともいえるのが6300系ではなかっただろうか。

阪急に乗る時は百貨店に入るような感覚で、国鉄に乗る時はスーパーに入る感覚。
両者の違いはこんな感じかな??

しかし、私自身はこの当時から今と変わりなくほぼ摂津市に住んでいたので、
阪急の特急や国鉄の新快速とはほとんど無縁^^;

なぜかと言うと、当時のこれらの列車は大阪~京都間はノンストップ運転だったんですなぁ~これが・・・
最寄りには止まらんし、いつもどこかで追い抜かれるっちゅうわけだ。
シティライナーに至っては、新大阪駅もパスしていた。

新快速は1985年3月14日から新大阪駅へ停車開始(←記念切符へのリンク)、
1997年3月には阪急電車の特急と同時期に高槻駅(阪急は高槻市駅)への停車が開始された。

これも途中の客を拾うためのお客の奪い合いで、ガチンコ勝負だった事がうかがえる。
ちなみに淀川をはさんだ京阪も同時期に、
ラッシュ時の淀屋橋行きに限り枚方市駅に特急が停車するようになった。

やっぱり三つ巴だったのね。

1990年の221系導入で、先にシティライナーが新快速としてはお役御免となっていく。
翌年には新快速の最高速度も120km/h設定され、速度競争が激化していくことに・・・
このJR西の所用時間への拘りが、後の悲劇を生むことになる。

一方6300系の方はと言えば、次第に特急運用から離脱していったが最近まで運用につく事があった。

正直なところ、通勤時に6300系のような2扉車が来ると嫌だった。
乗るのはいいが、扉が少ない分奥に入ってしまったら降りる時が大変なのだ。
また、車内でも吊革の数が少なく立っているのがつらい事・・・
座って乗るには快適な車両だったけどね。

そして、永らく阪急の看板列車だった6300系もお別れの時が近付いたようだ。
500系のように”ちっこく”なって余生を送るようで・・・

阪急6300系に引退記念ヘッドマークを掲出して運行 railf.jpより

鉄的には、特に阪急には思い入れはないのだが、
6300系には通勤時の何年かはお世話になったので、「お疲れ様」と言ってあげたい。

鉄復帰後、阪急の撮影はしておらず、今後もしないと思うので今回のイベントにも参加しない。
今、世間から”撮り鉄”が注目されているので、くれぐれも何事も起こらないよう祈るばかりだ。

・・・と、一気にここまで写真なしで書いてしまったが、ここからは80年代の写真館に移行!

いつも私が勝手にライバル視していた両者。
38_0029_convert_20100218083030.jpg 43_0010.jpg

どこかで実現していたのかもしれないが、シティライナーの並びは記憶にない。
20_0007_20100218083752.jpg 22_0017.jpg

23_0013.jpg 阪急に思い入れのない割には、たくさん撮っている。
 その理由はと言えば、近場で撮れる国鉄車両を撮りつくした事と、
 高校時代の3年間通学に使っていて定期券を所有していたことから、
 撮りまくっていたと思われる。
 電車賃タダは大きいよw
            55_0007.jpg

特定の時間帯だけとか、当時としては珍しかった運用も。
31_0020.jpg 34_0003.jpg

すべての編成の両サイドではないが、製造された6300系全編成はこちらにある。⇒”阪急電鉄写真館
いつの間にか全部撮れていた感じ。

思い入れのない阪急の中でも、お気に入りの車両はと言えば、実は6000系だったりする。
先頭車にパンタがありカッコ良かった。
見た目が機関車が客車を引いてる感じ?それが良かったのかも。
製造数も多かったが撮影数も圧倒的に多かった。
その6000系もリニューアルで、帽子をかぶってしまって変な感じだ^^;6300系モドキやん・・・

話は変わるが、やっぱり「H」マークの方がいいと思う・・・

↓↓↓↓↓↓この後は、今日の1曲!↓↓↓↓↓↓                Page Up


<Today's music #177>
Adele   「Chasing Pavements
19

 試聴は、曲名をクリック
 (ジャケ写をクリックするとHMV商品案内ページへ)

 ハスキーヴォイスの女性っていいね・・・

 




※<Today's music>は、記事作成中に頭の中で鳴り響く曲を紹介しています。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。