Information                    
6番線 大阪第一車両庫 撮影日別写真館 1983年を更新
4番線 鳥飼西基地 摂津工場を更新
4番線 鳥飼西基地 車両案内を更新
FC2ブログでの活動は、無期限休止中です。 新館へは、ホームページカテゴリーからご乗車ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
●ホームページの構成変更に伴い、BLOG記事内のページリンクが切れている場合があります。お手数ですが、各ページへはサイトマップをご参照ください。
2010年1月3日以降の記事に関しては問題ありません。
●更新を停止しておりますので、現在コメントの受付はしておりません。
●ある時期の記事には、ブログ村のランキング用バナーがありますが、すでに退会しておりランキングには参加しておりませんのでこれにてお知らせいたします。
●掲載写真の著作権は管理人にあります。無断転用・無断転載および他ブログ等への無断使用は堅くお断りいたします。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに”N”な話題

2009年10月23日 16:39

 こっちでNゲージネタは久しぶり。

某SNSでは、アップ済みのネタだが紹介も兼ねてこっちでまとめて現状を整理してみようと思った。

まず、当鉄道は常設のお座敷レイアウト・・・よってジオラマとは無縁でござる。
ここを良く勘違いされるので強調しておく。

今回で2世代目のレイアウトとなるのだが、今回のコンセプトは

                   ”大阪駅に新幹線が乗り入れしている”
                                                    というもの。 

ということなので、当前新大阪駅は存在しない。

まずは、現状の地上駅から紹介。
IMG_4430.jpg
夜景好きなワタクシなので、照明機器をふんだんに取り入れてござる。

そして、最近作成した駅名看板を設置。
IMG_5129.jpg
illustratorで遊んでみた。

ここからは、仮設置を試みた画像を紹介。
将来的に地上ホームの上に、新幹線の高架駅が構築される。
その完成予想図。
IMG_3622.jpg
仮設置なので、ホームの本数が足りていないがそこは想像で・・・

今度は駅ビルなどがないが、高架下のイメージはこんな感じの予定
IMG_3563.jpg
IMG_3551.jpg

撮影の順番が前後しているので、ホームが減ったり増えたりしているがそこは目を瞑って。

前回のレイアウトの資材を流用することを前提に組んでいるのと、
次の世代に再利用する事も考慮に入れているので極端な加工もなるべくしないようにしている。
スクラップは出ないようにがモットーだ。

最後に、レイアウトを図面で紹介。

★地上路線
20091017L.jpg

★高架路線
20091017H.jpg

★地上・高架を重ねた完成図
20091017.jpg

いつも計画通りに進行しないが、今回もいつプラン変更があるのか自分にも分らない。
前回のレイアウトでも、高架路線と地上路線は後から繋げたし、
今回も図面では繋げていないので、今後接続の可能性もなくはない。

初代レイアウトと最も違う点は、ヤードを円周外部に持って行くところかな。

地上路線図の左下に途切れた線路があるが、
そこから着脱可能にした鉄橋を渡り車両基地へとつながる構造。

やりだすととことんつめて作業をするのだが、手をつけるまでがなかなか・・・

現状の地上複々線でチマチマ遊びつつ、作業が滞っているのが現状。

レールはもちろんパワーパック、プラットホームなど増備するもの多数。
最近買い物に行く気も起らんわ^^;

完成すれば、お仲間との運転会もするんだが、
まっ、気長にボチボチと・・・

P.S.
Nゲージのレイアウトや車両に関しては、HPカテゴリーの”鳥飼西基地”に掲載。
ご興味ある方は、お越しくださいませ。

にほんブログ村 トラコミュ さらば、500系のぞみへ
さらば、500系のぞみ

ブログランキングに参加中です。
当ブログを応援してくださる方は、ポチっとお願いします。m( _ _ )m
また、お友達のブログ、ホームページもよろしくお願いしま~す。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へブログランキング・にほんブログ村へ
↓↓↓↓↓↓この後は、今日の1曲!↓↓↓↓↓↓               Page Up

<Today's music #103>
BlackBox   「Everybody Everybody」  


試聴は、曲名をクリック(ジャケ写をクリックするとHMVの商品案内ページへ)

盗作問題に続き、今度はヴォーカル詐称問題?を・・・
表の顔と実際に歌っている声が違っていたという話。
ライヴではもちろん口パク。
最初は下手なだけかと思ったが、真相が明らかになり衝撃を受けた記憶がある。
本物の声だったウェザーガールズの??さんは、このBlackBoxのようには売れなかった。
楽曲に恵まれるというのもあるだろうが、そこはショービジネス。
やはり、ある程度のルックスも重要なのかと・・・

※<Today's music>は、記事作成中に頭の中で鳴り響く曲を紹介しています。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。