Information                    
6番線 大阪第一車両庫 撮影日別写真館 1983年を更新
4番線 鳥飼西基地 摂津工場を更新
4番線 鳥飼西基地 車両案内を更新
FC2ブログでの活動は、無期限休止中です。 新館へは、ホームページカテゴリーからご乗車ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
●ホームページの構成変更に伴い、BLOG記事内のページリンクが切れている場合があります。お手数ですが、各ページへはサイトマップをご参照ください。
2010年1月3日以降の記事に関しては問題ありません。
●更新を停止しておりますので、現在コメントの受付はしておりません。
●ある時期の記事には、ブログ村のランキング用バナーがありますが、すでに退会しておりランキングには参加しておりませんのでこれにてお知らせいたします。
●掲載写真の著作権は管理人にあります。無断転用・無断転載および他ブログ等への無断使用は堅くお断りいたします。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新幹線鳥飼基地

2008年10月31日 17:21

プロフィールページにあるような、鳥飼基地の絶景は、大阪モノレールに乗車しないと無理。
ご覧のような有様
鳥飼基地
柵の隙間から、止まっていた全車種をとりあえず撮影。

まずは、300系
鳥飼基地

そして、700系
鳥飼基地

続いて、N700系
鳥飼基地

そして、たった今入線してきた300系をもう一枚
鳥飼基地

ついでに、頭の上を通過する大阪モノレールです。
鳥飼基地鳥飼基地

この時初めて、動いている被写体を撮影し、やっぱり走行中の電車を撮ってみなわからん!
ということで、その足で私の聖地へ移動することにした。

HP内参照ページ”撮り鉄Map
スポンサーサイト

新幹線公園

2008年10月31日 16:46

今日は、買ったばかりのデジカメに慣れるためシャッターを切りまくった。
天候が思わしくないのがちょっと残念。
まず向かったのは、自宅から自転車で5分ほどの新幹線鳥飼基地。
その鳥飼基地を通り越して、隣接している新幹線公園へ行った。
長年、摂津市に在住しているが、今日が初めてなのである。
まずは、エントランス
新幹線公園 入口
すぐ脇には、中央環状線と近畿自動車道、そして大阪モノレールが通っているというせわしない環境にある。ここから先は、自転車と歩行者のみが通行可能な道になっている。駐車場などないので遠方からお越しの際は、公共の交通機関を・・・なんて決まり文句を書いてみた。が、ほんまに近くには有料でもパーキングがないのです。
ゲートらしきものを通過すると、このような、のどかな道を通ります。
公園通路公園通路
私のチャリも写ってます。
コンテナがたくさん見えますが、ご存じ大阪貨物ターミナルです。
ちょうど紅葉もあり、雰囲気良いです。
平日なので人通りも少なく、すぐ近くに幹線道路が走っているとは思えない空間でした。

まず、出迎えてくれるのはこの車両です。
0系
雨風にさらされて可哀そうな姿に・・・
0系
ここに来れば、いつでも0系に会えるな
0系
屋根に上るヤツなんかおるんや
0系
これは、展示用に作ったのかな?
0系 看板
ほぉ~と読んで思わず感心

次に出迎えてくれたのは、EF15 120号機
EF15EF15
こういう展示車両って、パンタグラフ上げといてくれませんかね。
EF15EF15
私が現役で見たのは、1982.4.5の竜華操作場でした。それも、EF15+EF15の重連で走ってました。
その写真は、車両庫に上がってます。
あっ、カメラについて触れてない。
動いてないものを撮るのは何の問題もない。というか誰でも撮れるし練習にならんわ。

鉄の目で見た大阪駅

2008年10月31日 08:15

大阪駅は、普段から利用しているが、鉄の魂を持って訪れたのは25年ぶり。
駅に近付くにつれ胸騒ぎがする。大阪駅へ行くことにワクワクしている。

こんな感覚は久し振り。

行きは、ヨドバシカメラへ直行したため気が付かなかったが、
帰りに行った時には愕然とした。

「トレイン・トレイン」にも書いたが、各ホームの東側に障害物ができていた。
何の施設かまでは確認しなかったが、部屋ができていた。

3・4番線は使えないな・・・

嘗ての3・4番線と言えば、↓この写真。

55_0011_20091207131931.jpg

これは、3番線の東端から撮影した、リバイバル「つばめ」です。
'83.3.21に撮影したものです。
もう、こんな画は撮れない・・・残念だ。

ならば、どうする、ホームの西端へ行ってみよう。
7番線ホームを西へ歩いていると、10番線に「雷鳥」が入線してきた。
懐かしい485系がそこにいた。

階段を降り10番線へ向かう。
えらく西寄りに停車しているなぁ~と思いつつ、ホームの西端へ。
おお~パノラマ型グリーンじゃない。
懐かしい非貫通形の顔だ。
JNRマークがないのを見たのは、おそらくこれが初めて。
それにしても、JRマークってかっこ悪いなぁ。もうちょっと考えたらぁ~?と思う。
まぁ、全国一斉にたった一夜にして民営になったので一番簡単な方法をとったのだろうけど。

模型でも、このJRマークは嫌なんです。きれいに取り去る方法知りませんか??教えてください^^;

それはともかく、9・10番線ホームの西端に到着。(遠い・・・)

完璧だ!ここは使えるw
ズームで3・4番線への入線列車も撮れるかも。

大阪での撮影は、西端を使おう。
「日本海」を撮るときが大変そうやな。
最後尾まで行けるか不安だ。

そして、10番線の向こう側に嘗てあった11番線を工事中の柵の切れ目から覗いた。

思い出がよみがえる。

そこでは、数々の寝台特急やL特急、急行列車など東へ向かう列車を待ち構えて撮った所。
撮影技術が向上してからは、走行列車の写真が増えていき、
ここで、入線してくる列車の先頭車両を撮った。

50_0014_20100424192951.jpg

↑この写真が11番線で、入線してくる列車を撮影したものです。

ホーム西端に関しては、同じような画が撮れるので楽しみ。
その前にカメラに慣れないと。

まずは、停車中の列車が時間的にも余裕で撮れる鳥飼基地へ、
自転車で新幹線の撮影に行ってこよう。

25年ぶりの撮り鉄計画

2008年10月30日 05:36

新幹線0系が間もなく引退する。
その最後の雄姿を撮るためにも、練習も兼ねて11月3日に決行することにした。
スケジュールは下記の表の通りだが、

その前にデジカメを購入します。
古くは、中学・高校時代に購入した一眼レフカメラはあるものの
今更フィルムで撮影するのも気が引ける。

ということで、本日ヨドバシカメラまで出向き購入することにした。
購入を考えているのは、一眼レフタイプではなくコンパクトタイプ。
しかし、そこそこの性能は求めたい。
鉄道写真となると、走行中の撮影も多いし、ズームもある程度の倍率が欲しい。
そして、バッテリーは乾電池を使えるもの。
さらには、私以外の家族にも使える機種でないといけない。

そんなこんなで、候補に挙がったのは

”canon PowerShot SX10 IS”

最終的には、店頭で店員に相談して決めることにする。

撮り鉄計画表

さて、撮り鉄計画の方だが、
朝の6時に新大阪へ行くには、5時半ごろ家を出る。
今回のメインターゲットは、もちろん0系新幹線。
午前中に運転されるすべての0系をスケジュールに入れてみた。
新大阪で入場券を2回買うことにはなるが・・・
0系に始まり、最後はトワイライトエクスプレスでしめようと思う。

最近の駅事情も分からないので、計画どおりすべてを撮影できるかはわからないが、
今回の目的は、勘を取り戻すことにある。

そして、0系さよなら運転に備えたいのです。
0系さよなら運転は、乗車券の応募をしているが乗れるかどうかは別として現場に行こうと考えている。
さらには、まだ、誰にも打診はしていないが、この時の撮り鉄計画も練っているところです。
さよなら運転に乗車できてもそうでなくても実行してみたい。

大まかな流れとしては、新大阪から新幹線に乗り博多入り。
その後、門司もしくは下関へ行き「はやぶさ・富士」を撮影するというもの。
できれば、門司か下関あたりで宿泊し、上りと下りの両方を撮影したい。
例えば、上りを門司で下りを下関というように。
ご存じのとおり、この両駅では機関車の切り替えがある。
しかも、門司駅では「はやぶさ」と「富士」の分岐もある。
0系とで、一石二鳥のおいしい計画ではなかろうか。

こういう計画を立てていると、高校生時代に戻ったようです。
中学高校の時は、こういった旅行を何度も実行したものです。

0系さよなら運転は、12月13日 ひかり347号 新大阪(14:56発)→博多(18:01着)で2名分申し込んでいる。
12月13・14日の二日間でなんとか決行してみたい。

ホームページの方向性

2008年10月28日 02:00

 何か見えてきたような気がしてきた。
それまでも、思っていたことではあるが、ぼんやりとしたものだった。

トレイン・トレインのサイトでブログを書いていて”これやっ”と思った。

私は鉄道のほかに、音楽や映画の趣味もある。
よくある話で歌に思い出があるように、車両にもそれぞれの思い出があると思う。
そうでないと私も撮り鉄特集でのコメントは書けない。

私が鉄道が好きだからそうなのか?
いや、鉄道に興味がなくても、新幹線でどこかへ行った思い出もあるやろうし、
日本人にとっては鉄道は生活から切り離せない存在。

誰しも何かしらの思い出を持っていると思う。
そんな思い出を語り合えたら楽しいのではないかと思う。

それが、実車の写真でなく模型の車両に置き換えていてもいい。
また写真や模型も何もなくても、語れる場になればいいと思う。

でも、出張で東京へ行くときに乗った新幹線には、特に思い出なんかないな^^;

世界に誇れる日本の鉄道(と数年前まではそう思っていた)。
私は、そんな国鉄時代が好きでした。
新幹線がその象徴と言える存在、0系新幹線だ。

その初代新幹線が、その役目を終えようとしている。
私も別れを告げないといけませんな・・・

31_0017_20091207131745.jpg
この写真は、特に思い出があるわけではないが、今お気に入りの1枚。
デスクトップの壁紙に設定しています。ここでは、アップロードの際に縮小してあります。

パソコンを立ち上げるたびにじっくり眺めてしまいます。かっこええわぁ~
模型では、今一番不足しているのが気動車。手持ちはこのキハ82系のみ。
これがまた、全然入手ができない状況にある。なんとも不自由な世界ですね、鉄道模型って。

そうそう、昔は買ってでも鉄道写真を集めていました。
今でも、人様が撮った写真を欲しい人っているんでしょうかね?
万が一、いないと思いますが私のをご希望の方がおられるようならお分けしますよ。
もちろん無料ですが・・・まぁいないでしょうな。

制作手記ページをブログ形式に変更

2008年10月26日 13:43

ホームページの全体像がなかなか定まらないでいる。
今回は、制作手記をこのブログに引っ越した。

理由の一つとしては、更新が楽だということが一番かな。
他には、携帯から閲覧できるページの構築も視野に入れていることが理由。

今は未設定だが、すでに設定済のBBSのほかに、第一車両庫とこのブログが携帯端末に対応することになる。というのは、「トレイン・トレイン」が携帯閲覧が可能ということで一応対応できた方がよろしいかと思い作業を進めておるところです。

自分の知識でどこまでできるかわからないが、苦にならない程度にいろいろ試そうかと思う。
すべてを無料でこなそうとしているので、おかしな構造にはなってしまうが、致し方ないところ・・・

また、無料でこんなことまでできるのか!という発見も楽しいところであり、
今日は、パーツでGAMEを発見し、自分ではまってしまっている。
暇つぶしには持ってこいやわ。ペ-ジ右下のGAMEは、不定期で追加・変更をしたいと思ってます。

あまり、鉄道から離れないように気をつけんといかんかも。

鉄分の行方・・・

2008年10月21日 16:47

 再燃した鉄の血。この先いったいどの方向へ行くのか自分でもわからない。

 そもそもスタートは撮り鉄で始まったわけで、また、戻るのかというとそうでもなさそう。
というのは、現在存在する鉄道車両には、ほとんど興味がわかない。
今、気になるのは、「0系新幹線」と「500系新幹線」のみ。
この二つは絶滅の危機に瀕しているので、残しておこうと思っている。
特に「0系新幹線」は、今年11月でその生涯の勤めを終える。

 数日前に届いたメルマガに、0系さよなら運転乗車券の先行予約案内があった。12月に新大阪~博多間でさよなら運転するという。

 さよなら運転と言えば、過去には急行「ゆのくに」とローカルだが兵庫県の能勢電鉄、川西能勢口~川西国鉄前間を走る電車と、合わせて2度だけ立ち会ったことがある。
1000枚以上撮って2度だけというのには、撮り鉄していた当時は、廃止になる列車がほとんどなかったこともあるだろう。

 冬眠中にものすごい本数の列車が廃止になっていたのには驚かされた。
鉄に復帰したら、大阪から九州へ行く寝台特急がなくなった。
最盛期には、「明星」3往復、「あかつき」2往復、「彗星」2往復、「なは」1往復に、全席座席の夜行急行「阿蘇」、「西海」「雲仙」などなど、より取り見取りだった。

今残っているのは、大阪から北へ行く「トワイライトエクスプレス」と「日本海」が夜行列車としては残っている。
この分だと「日本海」も危ういのではなかろうか。

 撮り鉄に戻らないとなれば、やはり今大ブレイク中の模型でこのままいくのだろうか。
これも、疑問符が付く・・・レイアウトは、スペースに限界があるためこれ以上の拡張は無理ときた。
車両集めも、私の場合ある特定の時代の車両に固執して収集しているため、ゴールが見えなくもない。
となると、将来的には熱も冷めてくるだろうし、また、飽きてしまうのか?
長年、模型をされている方はどうなんでしょうか?どのような形で続いているのだろうか。
レイアウトを作って、解体してを繰り返す?それは、もったいないしなぁ。費用もかかるし・・・

 あとは、乗り鉄か。
時間と金銭に余裕ができれば、「トワイライトエクスプレス」で北海道旅行なんぞしているのだろうか。
これは、あるかもしれん。
旅先で、風景写真を撮るとか、写真の復活はあるかな。
風景写真も、昔、撮り鉄と同時にやっていたから可能性が高いぞい。

 まぁ、その時々を楽しめばええやんっ!ってことなんやけど、そう言ってしまえば、今日の話はなんやったんや~ってなってまう。

 ということで、今日の結論!

”楽しめるときに、楽しんどこ!”

・・・なんのこっちゃ^^;

自分のホームページ

2008年10月12日 16:43

 10年は経つだろうか。以前会社のホームページ管理を担当することがあった。その時は、ホームページ作成の面白さも大変さも分かり、自分のページも持ってみたいと思っていた。

 しかし、いざ開設となると、ネタが続くのだろうか?更新は可能なのだろうか?
いろいろな不安要素が先に立ち、結局開設には至らなかった。
その時期鉄道の趣味は、冬眠状態ではあったが・・・

 そして、今年鉄道模型を始めてから「トレイン・トレイン」というサイトを見つけ、ブログを初体験した。
小中高と撮り鉄・乗り鉄がメインの鉄道ファンで、今年初めてNゲージの世界に飛び込んだ。鉄道模型は、HOゲージを中学の時にひとかじりして、そのままだった。

 鉄道模型を始めたきっかけは、「トレイン・トレイン」にも書いたが、毎日上から眺める新幹線鳥飼基地であった。完全に凍りついていた鉄の血が20数年ぶりに騒ぎ始めた。

 そこからは、坂道を転げ落ちるように・・・悪いことしているみたいやな^^;
金を失う道と書いて”鉄道”になる。そういう意味では悪いことかもしれんな。

 まぁ、それは置いといて、「トレイン・トレイン」で、ブログを書き始めた頃は、模型のことしか頭になかった。何も知識がないまま、見様見真似でレイアウトも様になり、所有車両もそこそこの満足度に達し、車両やレイアウト・ストラクチャーを撮影する楽しみも知った。
この行為が、昔の撮り鉄写真を思い出すことになった。

 そして、押し入れの捜索が始まり、まず、ファイルが3冊見つかった。
それは、選りすぐりのお気に入り鉄道写真集だった。
その中から、模型ネタにからめて「トレイン・トレイン」で写真を紹介してみたが、
自分の予想とはかけ離れた反応に驚かされ、「トレイン・トレイン」というサイトが実車の鉄道ではなく、鉄道模型のサイトであることを実感した。

サイトに同世代が少ないこともあったのかと思う。
自分の思い出が詰まった写真への反応に、寂しさを覚えた。
また、写真の色褪せもその手伝いをしていた。

 そこで、次に行動を起こしたのは、写真の元、”ネガフィルム”の捜索だった。
数日かけてゴソゴソと押し入れの捜索を実行。
一度、実家を出ているので、破棄されたのではないかという不安に駆られながらも、その一部を発見した。
同時に、事前に見つかっていた3冊のファイル以外の写真も大量に発見。
(後に、写真はあるが、ネガがないものがあることが判明、現在も行方不明)
何か、宝探しのようであった。

 そして、撮り鉄フィルムの詳細を記したファイルも発掘。
これには、撮影日・撮影場所・列車名などをフレームナンバーごとに記録、
また、ある時期の乗車記録も、日付・列車名・車番・座席番号・乗車区間までを詳細に記録。
現物を見るまでは、その存在は思い出せなかった。

関係ないが、これと一緒にライダーカードも大量に発掘。
V3時代の少年ライダー隊の隊員証まで出てきた。
これらをオークションに出したらどうなるんやろ?などと思いながら懐かしんでいた。

話がそれたが、このネガをデータ保存する方法を探して、フィルムスキャナーの存在を知った。
そして、現段階で発掘済の1000枚近くをパソコンへ取り込んだ。
PCは、400GBあるので容量は余裕だが、念のためCD-RWにバックアップも取った。

 保存はできた。
では、どうすれば公開できるのか?その前になぜ公開したくなったのだろうか?
鉄道に興味のある親友は、遠く名古屋に在住しているためか、
いつの間にか同志を求めている自分に気付いた。

 その結果がこのホームページとなったわけです。
このように長文にすると誰も読まんと、勉強したはずなのに・・・サイトの構造も良くないなぁ・・・

過去の経験が何にも役に立っておらんな。
会社のホムペみたいに商売に関係ないし、まぁ良しとしとこ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。